top of page
  • 執筆者の写真JC izumo

10月例会



2023年 10月16日(月)パルメイト出雲4F パルメイトホールにて10月例会を執り行いました。



JCIクリードの唱和

会員開発委員会 副委員長 福田 佳典君



JCIミッション並びにJCIビジョンの唱和

会員開発委員会 委員 石井 嘉洋君



JC宣言文の朗読並びに綱領唱和

会員開発委員会 委員 平井 優香君



理事長 金村 英俊君の挨拶では、9月24日に行われたわんぱく相撲女子全国大会について、また10月6~8日に東京で行われました全国大会についてのお話がありました。また、会員拡大を通して、出雲青年会議所のさらなる発展に向けて、メンバー全員が積極的に取り組んでいく必要性について呼びかけられました。



3分間スピーチ

今月の3分間スピーチの演題は「あなたがJCで感じた感謝」です。

ひとづくり委員会 𠮷川 裕崇君が「感謝持ち」という言葉を使い、聞く人の心に残る素晴らしいスピーチを披露してくれました。



研修生紹介

研修生の吉田 翔君に例会に参加していただき、出雲青年会議所の例会を体験していただきました。共に活動していく仲間として、これからよろしくお願いいたします。



報告事項

専務理事 山本 仁人君より、事業の紹介と、12月10日に行われる大掃除のご案内がありました。 





委員会報告

会員開発委員会 委員長 原 佑也君が、大望年会の家族での参加のお願いで、ひとづくり委員会 委員長 和田 健哉君が、ひとづくり事業参加の御礼で、まちづくり委員会 委員長 池淵 裕也君が、会員拡大期間延長の報告で登壇されました。


会員消息



原 佑也君

今年で卒業を迎える原佑也君が、最後の誕生会員スピーチをされました。



監事講評

監事 泉 真太郎君より、例会に出席することの大切さについてのお話と、2024年度の組織発表についての感想を述べられました。また今後挑戦する方に、情報を集めることの重要性について語られました。100%出席する例会を目指して活動してまいりましょうとお話がありました。


今年度最後のパルメイト出雲での例会となりました。本年度も残すところ2か月となり、2024年組織並びに基本運動方針が発表となり、本格的に次年度の動きが活発になってまいりました。しっかりと本年を全うしさらなる飛躍を遂げたいと思います。今後も出雲青年会議所活動にご理解ご協力の程よろしくお願いいたします。

閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page