top of page

出雲市市制施行20周年記念事業    出雲市災害復興活動展

 2024年5月19日(日)、出雲市民会館にて出雲市市制施行20周年記念事業 出雲市災害復興活動展を開催しました。



 出雲青年会議所は、出雲市災害復興活動展実行委員会の一員として、特定非営利活動法人全国災害復興活動支援機構、一般社団法人平田青年会議所など多くの団体と共に本事業を開催しました。


 開会式では、出雲市災害復興活動展実行委員会 飯塚 俊之 会長が、主催者を代表して挨拶をされました。

 

 続いて、出雲市災害復興活動展実行委員会 江角 彰則 実行委員長が、開催趣旨を説明をされました。


 衆議院議員 高見 康裕 様 代理 鳥屋 丸惠 様、島根県知事 丸山 達也 様、島根県議会 議長 園山 繁 様を始めとして、数多くのご来賓にご臨席を賜り、衆議院議員 高見 康裕 様 代理 鳥屋 丸惠 様、島根県知事 丸山 達也 様、在名古屋ペルー共和国 総領事 ルイス アルフレド エスピノサ アギラール 様、陸上自衛隊出雲駐屯地 司令 宗像 秀樹 様からご祝辞をいただきました。






 続いて、島根歯ブラシバンク 会長 恒松 克己 様 から、丸山達也島根県知事へSDGsに適う災害備蓄竹歯ブラシの贈呈が行われました。


 続いて、出雲市内の各保育園にご協力いただき、防災宣言を発表しました。


 気仙沼市大島ボランティアリーダー「大島おばか隊」世話人 菅原 博信 氏による基調講演「気仙沼から能登~ご恩返しボランティアのご縁を繋ぐ~」が行われ、東日本大震災から能登半島地震でのボランティア活動の経験についてご講演をいただきました。


 最後に、連帯の絆のセレモニーが行われ、前回開催地を代表して、公益社団法人日本外国特派員協会 スベンドリニ カクチ 様から、江角 彰則 実行委員長へ、そして次回開催地である特定非営利活動法人全国災害復興活動支援機構 東北担当理事 菅原博信 様、特定非営利活動法人全国災害復興活動支援機構 理事・福島双葉展責任者兼女性部会長 堀口富美子 様へ祈念の盾が継承されました。




 出雲市災害復興活動展実行委員会 斎藤 貴弘 副実行委員長の閉会の辞により閉会いたしました。


 14時からは、復興祈念コンサートが行われ、ミュージカル「あいと地球と競売人」、出雲北陵高等学校吹奏楽部、陸上自衛隊第13音楽隊、在日米陸軍軍楽隊の皆様に素晴らしい演奏を披露していただき、全国各地の被災地が復興に向かっていくことを祈念しました。






 また、有原中央公園では、災害が発生した際に活躍する移動基地局車両や照明車、軽装甲機動車等を展示する防災フェアが開催され、災害が起きた際に復旧に向けた活動について理解を深めました。






 多くの諸団体やボランティアの方々の被災地における活動が、1日も早い日常を取り戻すことに繋がっていることを感じ、今後も大型台風や地震が予測される中、互譲互助による自助・共助・公助の環境が根付く出雲を築いていくための機会とすることができました。

 

 今後も出雲青年会議所は、互譲互助による自助・共助・公助の環境が根付く明るい出雲の実現のために、メンバー一同邁進してまいります。

閲覧数:33回0件のコメント

留言


bottom of page